FAQ

製品について

CSD材料の混合性について

ゾルゲル法材料は、それぞれの溶液の加水分解条件が異なるため、単純な混合ではゲル化などが起こります。別途ご相談ください。

MOD材料の混合にはゾルゲル材料ほどの制約はありませんが、混合使用を前提とされている場合は、EMOD材料をお勧めします。

EMOD材料は、お客様がA,B,C液を購入され、任意の比率に混合し好きな比率のコート剤ができることを目的としています。 0.1wt%いろいろな金属酸化物を添加したいといったときなどに適しています。